結婚指輪の素材の種類

正統派で扱いやすいプラチナとゴールド

日本でブライダルジュエリー用の素材としては、プラチナを最初に思い浮かべる人は多いのではないでしょうか。純白の輝きが結婚式の雰囲気や花嫁のウエディングドレスにもぴったり合っています。プラチナが結婚指輪用の素材として人気が高いのは、見た目の美しさや金属としての希少価値だけが理由ではなく、その耐久性や扱いやすさなども評価されているからです。汗をかいても金属イオンが溶け出しにくいので、金属アレルギーになる可能性も低いですし、変色に強い性質も持っています。海外ではゴールドが結婚指輪によく用いられる素材です。こちらも安定感のある素材で扱いやすいですし、純度の高いゴールドなら金属アレルギーの心配もありません。

周りの人達と少し違った素材にしたいなら

プラチナやカラーゴールドなどもいいですが、人気のブランドの指輪で素材も定番だと周りのカップルと被る可能性が出てきますし、個性もプラスしたいと考えているなら、少し変わった素材で作られた結婚指輪にしてみましょう。一生肌身離さず身につけるものですから、奇抜なデザインにするよりは、素材に少し工夫をした方が無難です。安全性を求めるなら、チタンやサージカルステンレスなどの結婚指輪があります。特にチタンは見た目も充分きれいですし、プラチナと比べてもかなり軽いので着け心地が抜群です。美しいグラデーションや鮮やかな外見を楽しみたいなら、ジルコニウムという選択肢もあります。自分達らしさを出しやすいですし、チタンを超える耐久性も魅力的です。

結婚指輪を銀座で探す場合、老舗の百貨店が数多くある他に、国内外のブランドショップが軒を連ねているので、高級感のある指輪を選ぶことができます。他にも、洗練されたジュエリーショップも多数あります。